四日市で英会話を習いたい。しかし外国人講師・日本人講師どちらがいい?【えいご放題】

四日市で英会話を習いたい。しかし外国人講師・日本人講師どちらがいい?【えいご放題】

四日市で英会話を習おうとすると色々な英会話スクールがあり、どこのスクールに通おうか迷われると思います。

今回はどこのスクールに行くかということではなく、

英会話を習う上で必ず先生がいると思うのですが、

その先生は外国人か日本人どちらがいいかというお話をしようと思います。

 

まず、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

1.外国人講師のメリット

英語の発音が本物なので良い。

ボキャブラリー豊かで、英語が母国語なのでパーフェクトに話せるし、文法も正しい。

レッスン自体が外国人と話す機会となるため、まるで海外にいるのかのような雰囲気になり、

さらには外国人との会話に慣れることができる。

また、英語で会話するだけでなく、その外国人の国の文化・慣習などにも触れることができる。

2.外国人講師のデメリット

日本語が分からない先生の場合、意思の疎通をとることが困難である。

文法の細かい部分を説明できない先生が多い。どういう意味かというと、例えば、日本人が、は、と、が、の違いを説明することができないのと同じように、赤ん坊の頃から言語として自然と覚えたので、文法の仕組みをしっかり理解していない人が多いから。

生徒自らの自主的行動があることを前提にレッスンを進める人が多い。宿題は、やらなくてもいいし、やってもいい、どちらでもいいという考え方である。これは、自主的にコツコツと勉強できる人には向いているけど、一人だと物事がはかどらなかったり、先生にリードされないとできないという生徒には向いていない。あとは、全体的にざっくりで、細部に意識を払わない人が多い。

生徒の英会話を習う動機や気持ちを理解していない人が多い。日本文化や日本人の思考を理解していないために、日本人の視点に立つことが難しい。また、自分で英語を勉強したわけではなく赤ん坊の頃から自然と覚えたので、これから英会話を習おうとしている人の気持ちが分からない。ということで、生徒と先生の間に、どうしてもギャップが生じてしまう。

 

3.日本人講師のメリット

日本人のため日本語が分かるので意思の疎通が取れる。多くの英会話スクールではレッスン中は日本語を使わないが、レッスンの後に、分からない部分を日本語で質問したりできる。自宅でどのように勉強すればいいかなどにおいて相談をする時にも日本語が使えるので便利。また、日本語でこう言う時は英語でどう言えばいいのかという疑問も解決してもらえたりする。

文法を外国人講師と比べると正しく教わることが可能。日本人講師は過去に自分で英語を勉強したことがあるため、文法の知識が多い人が多い。それから、日本語と英語を比較ができるため、例えば、可算名詞と不可算名詞、時制(特に完了形)、冠詞など、日本語に存在しないものを、日本語との違いも含めながら教えることができる人が多い。

日本人の勉強のやり方を分かっている。どちらかと言うと受身の姿勢を持つ人が多いことを理解しているので、そういった人でも参加しやすいようなレッスンが提供可能。宿題とかの家でやる学習サポートも細かくできる。また、日本人なので、本屋さんに売っている英会話関連の本などにも詳しく、アドバイスができる人も多い。

生徒の英会話を習う動機、気持ちが理解でき、共感できる。日本人講師はみな自分から英語を勉強してきただけに、生徒の気持ちが理解しやすい。日本人にとってどういった部分の英語が難しいのかも理解しているので、細かなフォローが可能。また生徒が英会話を習うのにくじけそうになった時も自己体験をもとに、色々な解決策を提案できる。

 

4.日本人講師のデメリット

やはり日本人のため発音が外国人講師ほどよくはない。

たまに知らない単語があったり、文法も完璧でない場合もあるので、英語力に関して大きな信頼感を得られない。

日本人VS日本人なので人によっては甘えの感情が入ってしまう。

毎回のレッスンで外国人講師ほど海外にいるような雰囲気が得られない。

 

5.まとめると

自分で色々物事を進めていける人→外国人講師

一人では勉強できずフォローやサポートを求めてしまう人→日本人講師

がいいと思います。

 

 

 

 

No English No Life

CTA-IMAGE

外国人カテゴリの最新記事